藤田喬平 [1921-2004]
藤田喬平は大正10年に東京で生まる。東京美術学校で彫金を学んだ後、岩田硝子でガラス制作技術を習得した。イタリア・ムラーノ島にもグラス・スタジオを作り制作を行った。本作はベネチアングラスの技法を用いて制作された、品の良い一輪挿しである。口作りや装飾的な持ち手など細部までこだわった逸品です。