芹澤銈介 [1895-1984]
芹澤銈介は静岡市の裕福な呉服屋に生まれた。柳宗悦の「工芸の道」に感銘を受け、民芸品の魅力に惹かれ工芸の道に進む。蝋抜きや型絵染、紅型、ガラス絵などの技法を用いて、屏風や本の装丁、着物に至るまで多彩な作品を残した。本作は浄土真宗・開祖である親鸞聖人を描いた軸装の作品である。芹澤は「観音」「釈迦三尊」「梵字」「法然」「親鸞」などの仏教にまつわるモチーフを数々描いており、型絵染最後の大作となったのは「釈迦十大弟子尊像」であった。絹本、シミ有。