十四代酒井田柿右衛門 [1934-2013]
江戸時代より続く名門酒井田家の14代。先代13代が復元させた濁手をより華やかな世界へと昇華させた。重要無形文化財「色絵磁器」保持者。本作は可憐に垂れ下がる藤の花を柿右衛門ならではの鮮やかな色絵で表現した作品です。スーッとのびた鶴首が美しく品の良い作品です。