河井寛次郎 [1890-1966]
河井寛次郎は島根県安来に生まれ、東京工業学校で板谷波山に陶芸を学んだ。京都市立陶磁器試験場に入所し後輩濱田庄司らとともに研究を行った。独立後、清水六兵衛より譲り受けた窯に「鍾渓窯」と名付け制作を行った。柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司らと「日本民藝美術館設立趣意書」を連名で発表し、民芸運動の中心人物となった。本作は海鼠(なまこ)釉の流れが美しい、珍しい陶器製の硯(すずり)である。中国朝鮮の硯に関心を寄せていた寛次郎は昭和11年に陶硯制作に没頭した。様々な形状や釉薬を用い、付属の文房具に至るまで大変な凝りようであった。寛次郎記念館蔵に同手の陶硯(昭和11年作)があり、前面の穴には水滴をさして用いたものと推察される。