河井寛次郎 [1890-1966]
河井寛次郎は島根県安来に生まれ、東京工業学校で板谷波山に陶芸を学んだ。京都市立陶磁器試験場に入所し後輩濱田庄司らとともに研究を行った。独立後、清水六兵衛より譲り受けた窯に「鍾渓窯」と名付け制作を行った。柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司らと「日本民藝美術館設立趣意書」を連名で発表し、民芸運動の中心人物となった。本作は信楽土に赤・黒・緑の三色を打薬した、寛次郎の代名詞とも呼べる技法を用いた茶碗です。多彩な寛次郎でしたが、初期は中国や朝鮮の古陶磁に倣った作品を作り、また民芸運動が活発であった戦前はおおらかで健康的な作風の時代がありました。晩年はそれまでの作品を脱し自由な造形の世界へと変化していきます。年歳を重ねますます色彩や造形を豊かに、変化を続けていく作風も寛次郎の魅力です。昭和30年代の作。