濱田庄司 [1894-1978]
濱田庄司は神奈川県川崎市に生まれ、東京工業学校(現東京工業大学)で板谷波山に学ぶ。バーナード・リーチとともに渡英しセントアイヴスに日本式の登窯を築いた。帰国後、栃木・益子にて作陶を開始する。柳宗悦、富本憲吉、河井寛次郎らと民芸運動を興した。重要無形文化財「民藝陶器」保持者。文化勲章。本作は濱田が得意とした黍文と呼ばれる沖縄のサトウキビをモチーフに描かれた図案の角鉢である。濱田は河井寛次郎らと沖縄へたびたび旅行へ行き、沖縄壺屋などで赤絵や刷毛目などの作品も制作した。脚付きの大きな角鉢であるので、水盤としても見事な逸品です。