十四代酒井田柿右衛門 [1934-2013]
江戸時代より続く名門酒井田家の14代。先代13代が復元させた濁手をより華やかな世界へと昇華させた。重要無形文化財「色絵磁器」保持者。本作は濁手の乳白色の上に鮮やかな桜の花が繊細に描かれている花瓶です。百貨店などでの個展出品作で『濁手』の箱書きのある作品には柿右衛門銘は入りません。