板谷波山 [1872-1963]
板谷波山は茨城県真壁郡下館町(現筑西市)に生まれ、東京美術学校彫刻科を卒業した。比類なき彫刻技術と僅かな欠点も許さず作品として世に残さない姿勢から、現存する作品点数は少ない。帝室技芸員を勤め、陶芸家最初の文化勲章作家となった。本作は器に横溝を彫り、竹の節を思わせるところから「竹節香炉」とも呼ばれる。蛋殻磁とは乳白マットの卵の殻を思わせる釉薬であり、昭和初期頃から晩年まで使用した。彫られた溝に溜まった釉薬がわずかな色彩の変化をみせており、端正な形と相まって非常に美しい作品である。