川瀬忍 [1950-]
川瀬忍は三代続く陶芸家の長男として生まれ、祖父・初代川瀬竹春と父・二代竹春のもと十代の頃より陶芸の道に進んだ。青磁作品の卓越した技術と緊張感のある表現は非常に評価が高い。本作は花びらのようなドレープの美しい花瓶です。川瀬は古陶磁を研究すると同じように、自然の造形の観察を大切にしている。身近にある植物に限らず、時に動物などからヒントを得ることもあるようです。