十三代今泉今右衛門 [1926-2001]
鍋島藩御用窯として江戸時代より続く今右衛門窯の13代。伝統的な技法である「吹き墨」を下地に更紗文様の優美な世界を表現した。重要無形文化財「色絵磁器」保持者。本作は膨らんだ胴部に花と果実を同時に実らす吉祥の「珠樹文」が描かれた作品です。素地に施された吹墨の上に描かれた花と果実が品よく浮かび上がります。器体の形をよく生かした構図にも目を見張るものがあります。