福島善三[1959-]
福島善三は福岡県小石原焼の窯元「ちがいわ窯」の16代として生まれた。飛鉋など小石原焼の伝統技法も用いながら、鉄釉や赫釉、あるいは中野月白瓷など多彩な技法で制作をしている。2017年に重要無形文化財「小石原焼」保持者の認定を受けた。本作は福島善三作品の代表的な釉薬である月白瓷による香炉である。中野とは小石原の古い地名であり、伝統の中に生き新たな創造を続ける作家の思いが伝わる逸品です。