• ぎゃらりーふじもと
  • ぎゃらりーふじもと
  • ぎゃらりーふじもと
  • ぎゃらりーふじもと
  • ぎゃらりーふじもと
  • ぎゃらりーふじもと

ギャラリーふじもとについて

当画廊は東京・六本木ヒルズ前にて『心を癒してくれる美術工芸品に出会える』をコンセプトに近代巨匠工芸作家、人間国宝作家を中心に逸品を厳しい眼で選び皆様にご紹介しております。
美術品全般の出張査定買取も行っておりますのでお気軽にお問合せください。

新着商品

新着商品一覧です。
最新の商品を五点表示しています。
もっと見たい方は商品一覧ページへ
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

お知らせ

2020/08/07
夏季休業のお知らせ

期間:2020年8月8日(土)-8月17日(月)
誠に勝手ながら上記期間を夏季休業とさせていただきます。期間中にWEBショップにてお買い上げいただきました商品に関しましては、8月18日(火)以降の発送となります。大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
2020/05/30
お客様、関係者各位

政府の緊急事態宣言解除を受けて、弊社は6月1日から厳重なウイルス対策を施しながら、通常営業を再開致します。
よろしくお願いいたします。
2020/05/21
ギャラリーふじもとの公式ホームページをリニューアルしました。
画廊案内
取扱作家
査定・買取

Instagram

2020.10.16
福島善三 中野月白瓷香炉 共箱 サイズ:径14.9㎝×高10.2㎝ 福島善三[1959-] 福島善三は福岡県小石原焼の窯元「ちがいわ窯」の 16 代として生まれた。飛鉋など小石原焼の伝統技法も用いながら、鉄釉や赫釉、あるいは中野月白瓷など多彩な技法で制作をしている。2017 年に重要無形文化財「小石原焼」保持者の認定を受けた。本作は福島善三作品の代表的な釉薬である月白瓷による香炉である。中野とは小石原の古い地名であり、伝統の中に生き新たな創造を続ける作家の思いが伝わる逸品です。 ショッピングサイト gallery-fujimoto.tokyo/shop/ #福島善三 #fukusimazenzou #小石原焼 #japaneseartist #六本木 #ropongi #西麻布 #nisiazabu #美術品販売 #art sale #美術品買取 #art purchase #art collection #ギャラリーふしもと #galleryfujimoto
2020.09.29
河井寛次郎 三色褊壺 敏孝織箱 サイズ:13.8㎝×10.9㎝×高20.2㎝ 河井寛次郎 [1890-1966] 河井寛次郎は島根県安来に生まれ、東京工業学校で板谷波山に陶芸を学んだ。京都市立 陶磁器試験場に入所し後輩濱田庄司らとともに研究を行った。独立後、清水六兵衛より譲り 受けた窯に「鍾渓窯」と名付け制作を行った。柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司らと「日本民藝 美術館設立趣意書」を連名で発表し、民芸運動の中心人物となった。 ショッピングサイト gallery-fujimoto.tokyo/shop/ #河井寛次郎 #kawaikanjiro #民藝運動 #japaneseartist #六本木 #ropongi #西麻布 #nisiazabu #美術品販売 #art sale #美術品買取 #art purchase #art collection #ギャラリーふじもと #galleryfujimoto
2020.08.20
河井寛次郎 辰砂花碗 共箱 二重箱 KAWAI KANJIRO /Tea bowl copper-red glaze サイズ:径13.6㎝×高10.2㎝ 河井寛次郎 [1890-1966] 河井寛次郎は島根県安来に生まれ、東京工業学校で板谷波山に陶芸を学んだ。京都市立陶磁器試験場に入所し後輩濱田庄司らとともに研究を行った。独立後、清水六兵衛より譲り受けた窯に「鍾渓窯」と名付け制作を行った。柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司らと「日本民藝美術館設立趣意書」を連名で発表し、民芸運動の中心人物となった。本作は寛次郎独特の大きな高台と筒描きによる花文が描かれ、鮮明な辰砂の赤が見事な茶碗である。辰砂釉は銅を含んだ釉薬で還元で赤く発色する。初期の頃より青磁や絵付けなどにも用いた釉薬であるが、釉薬のすべてを知り尽くしたとも称される寛次郎の手により半身が紅白に分かれた片身代わりの見事な茶碗となっている。昭和25年頃の作。 ショッピングサイト gallery-fujimoto.tokyo/shop/ #河井寛次郎 #kawaikanjiro #民藝運動 #japaneseartist #六本木 #ropongi #西麻布 #nisiazabu #美術品販売 #art sale #美術品買取 #art purchase #art collection #ギャラリーふじもと #galleryfujimoto
2020.07.17
川瀬忍 粉吹小服 共箱 サイズ:径7.8㎝×高8.6㎝ 川瀬忍 [1950-] 川瀬忍は三代続く陶芸家の長男として生まれ、祖父・初代川瀬竹春と父・二代竹春のもと十 代の頃より陶芸の道に進んだ。青磁作品の卓越した技術と緊張感のある表現は非常に評価 が高い。本作は「しろゑ」と題された 2012 年個展の出品作である。「しろゑ」とはすなわち 「白衣」のことであり青磁に用いる土に白化粧土を掛けた李朝の粉青沙器を試みるもので あった。使い込むうちに染みが広がり変幻を重ねていく。使い手にその完成がゆだねられたような作品です。 ショッピングサイト gallery-fujimoto.tokyo/shop/ #川瀬忍 #kawaseshinobu #川瀬竹春 #茶碗 #粉吹 #japaneseartist #六本木 #ropongi #西麻布 #nisiazabu #美術品販売 #art sale #美術品買取 #art purchase #art collection #ギャラリーふじもと #galleryfujimoto
2020.07.09
深見陶治 青白磁ぐい呑 共箱 サイズ:径5.3㎝×高6.0㎝ 深見陶治 [1947-] 深見陶治は京都府京都市に生まれ、早くから国際的陶芸展などで活躍をみせている。特に大 型のオブジェ作品は泥漿を高圧で鋳込成形し、きりたったエッジの美しい作品は高い評価 を得ている。本作は青白磁の釉薬が美しい酒器です。人気造形作家・深見陶治の実用的な小 品は少なく珍しいです。 ショッピングサイト gallery-fujimoto.tokyo/shop/ #深見陶治 #fukamisueharu #青白磁 #japaneseartist #六本木 #ropongi #西麻布 #nisiazabu #美術品販売 #art sale #美術品買取 #art purchase #art collection #ギャラリーふじもと #galleryfujimoto
2020.07.08
三浦小平二 青磁ぐい呑 共箱 サイズ:径7.4㎝×高6.2㎝ 三浦小平二 [1933-2006] 三浦小平二は新潟県佐渡市の佐渡無名異窯元の長男として生まれる。東京藝術大学在学中 に陶磁器研究会をつくり、藝大最初の窯を築き加藤土師萌の指導を受けた。中近東やアフリ カを旅し、豆彩や彫刻による装飾を用いて表現する情緒的な青磁作品を生み出した。本作は 使いやすい端正な青磁の酒盃である。厚くかかった青磁釉は小平二作品特有の爽やかな発 色が特徴である。 ショッピングサイト gallery-fujimoto.tokyo/shop/ #三浦小平二 #miurakoheiji #人間国宝 #青磁 #東京芸術大学 #ぐい呑 #japaneseartist #六本木 #ropongi #西麻布 #nisiazabu #美術品販売 #art sale #美術品買取 #art purchase #ギャラリーふじもと #galleryfujimoto
東京美術倶楽部
京都美術倶楽部
大阪美術倶楽部

Contact

〒106-0031
東京都港区西麻布1-1-3 ワダビル6F
TEL:03-3405-0380
FAX:03-6438-9118
Mail:info@gallery-fujimoto.tokyo
営業時間:月~土 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日

※弊社では常設展示は行っていませんが、作品の現物をご確認いただくことは可能です。ご来店の際は予めアポイントをお取りいただくようお願い申し上げます。
※We do not have a permanent exhibition, but you can check the actual work. Please make an appointment in advance when you visit us.